Shirdi Sai Baba Padhuka Festa

menu

シルディ・サイババ パドゥカフェスタ

スリ シルディサイババ パドゥカ フェスタのご案内

ごあいさつ
スリシルディサイババは聖者史上、最も神格の高い最高位の聖者様として、インドで最も有名で、宗教、文化の壁を越えて、全ての方に親しまれている聖者様です。日本で聖者様と言われても、ピンと来ないと思います。日本では空海様の様なイメージでしょうか。
スリシルディサイババは、とても奇跡に溢れた聖者様です。スリシルディサイババは生涯を通じて沢山の奇跡を顕現させました。愛溢れる聖者様であったスリシルディサイババは、一切の教えや教義を起こすことなく、住居や物などを一切持たず、ただ真理から見て理想とする生き方、一元の愛を素で生きられました。
スリシルディサイババの側に居るだけで、悩みや問題、病が消えました。何も会話もせず、何も教わらなくても、ただスリシルディサイババの側に居るだけで、魂が素晴らしく変容し覚醒していきました。スリシルディサイババは、全ての宗教は同じという万教一致、神様は一つである事、神様は誰もの中に存在する事を、当たり前に体現され生活しました。スリシルディサイババの噂を聞き、インド中から聖者がやって来ました。スリシルディサイババを観た時、イエス様やお釈迦様・・・それぞれの聖者が目指すゴールがそこにありました。スリシルディサイババに出会った事、それは神という光との遭遇、到達(ゴール)を得た事と同じでした。インド中の聖者はスリシルディサイババのシッディ(奇跡の神の力)を得て、聖者として活躍しています。スリシルディサイババは宗教の隔たりなく、全ての神の手足となるものに力を運んでいます。
スリシルディサイババは、宇宙最高の神格である宇宙創造神の化身、究極の神の化身として知られています。最高神格である宇宙創造神が、人間の身体を使って最も身近な三次元に降臨されました。スリシルディサイババに触れるという事は、宇宙の中心に位置する創造神にタッチした事と同じです。あらゆる苦しみ、カルマは分解され、魂は清められ光り輝き、本当の自分、神を顕現させます。このように信じられています。
スリシルディサイババがサマディに入られた後の現在でも、インドの人々は一瞬でも、少しでも近くに寄りたいと、聖地シルディへと巡礼されています。もともと聖地シルディは、インドでも最も呪われ、忌み嫌われていた土地でした。皆が苦しんでいました。呪われた地シルディに突然現れた聖者様、スリシルディサイババの登場により、状況が一変します。スリシルディサイババの登場により、シルディのあらゆる問題は奇跡により幸福に塗り替えられました。今現在シルディは、インドでも最も豊かな村、世界的にも最も豊かな地、インド最高の聖地となっています。スリシルディサイババが御足で踏みしめた土地、物は光り輝き、聖なる者へと生まれ変わります。御足に触れると問題は消え去り、真実が現れます。真実とは愛、幸福、繁栄です。この世界の迷妄と幻想を聖なる光で晴らし、魂は神の国へと救済され引き上げられていきます。
スリシルディサイババの御足には奇跡の力が溢れています。スリシルディサイババがサマディに入られた後も、スリシルディサイババのパドゥカ(足型)は残り続け、今も奇跡を放ち続けています。地上の全てが聖地、全ての生命の幸福と繁栄が当たり前になるように、スリシルディサイババは地球、世界、国境、文化、人種、貧富を超え、全ての人々、生命に奇跡の祝福を放ち続けられています。
スリシルディサイババの使命は、地球を薔薇色の幸福一色に塗り替える事です。世界の全ての人、生きとし生ける命、魂を天国の次元に引き上げるのです。誰も泣く人のいない優しい地球、病もない、貧困もない、争いもない、満ち溢れた幸福の世界、未来の地球を創造します。未来の地球は正に天国です。私達の一人一人の中に無尽蔵の優しさとして存在しています。スリシルディサイババの御足(パドゥカ)に触れ祝福を受けると、魂は光り輝き未来は夢の様に幸福に広がります。一瞬にして起こります。
2018年9月スリシルディサイババが日本に上陸します。スリシルディサイババのパドゥカを一般公開します。
御神縁が結ばれ、御心が許すなら是非、スリシルディサイババのパドゥカに触れて頂けますように願います。
皆様お一人お一人の幸福を通じ、世界の幸福をお祈りします。

モンジュサティア


MS神殿は日本のスリシルディサイババテンプルに登録されています
私達の身体は血管を通じて各部と繋がり、栄養を運搬する事で健康が成り立っています。
地球も私達と同じように、レイラインアースグリッドというエネルギーのラインで、各地が繋がっています。レイラインの交差するポイントからは、エネルギーが渦を描き溢れ出しています。レイラインの交差するポイントには温泉や聖地、神社が奉られており、パワースポットになっています。古代の人々はレイラインについて、詳しかったようです。古くから祭られている祠や太古の遺跡、磐座のある地は、レイラインが交差しておりエネルギーが渦上に湧き出しています。
MS神殿は古代からの智慧と祈りを継承し、これを現在の技術として再構築しました。最も古い古代の叡智と現在のテクノロジーと融合させました。MS神殿の土地、建物、床下には、神聖テクノロジーにより、地球の核のエネルギーを特殊な方法で様々な螺旋を造り、さらに螺旋同士が調和をし、深くて大きなゼロ磁場を形成し、古代の祈り巫女を通じて地球の核(真地球意識)世界中のレイラインアースグリッドとリンクしています。
MS神殿は、宇宙の核と地球の核、人類意識の核がピタッと一致した宇宙的、神聖なる空間になっています。MS神殿に入り、空間に溶けくつろいでいただくだけで、地球中のパワースポット、宇宙の無限のエネルギーを、受信できるように拵えています。宇宙の根源の優しい愛の光、必要な癒しや応援エネルギーを、自由に純粋に受け取って頂けるよう、優しい思いやりの心で運営しています。
MS神殿での祈りは宇宙、地球の御心に叶う事であれば、真っ直ぐに宇宙中に広がり、創造力を受けて具現化していきます。MS神殿は、ネットや情報化の流れよりも、魂のご縁を大切にしています。MS神殿はあまり公にされていません。自然に結ばれる魂の御神縁を大切に、人を介して広がっています。
不思議な事に、自然と魂の縁が結ばれ全国各地、世界中から上がってきてくださる方がいます。MS神殿では、神様が自然と伝わっていく、魂の呼ばれた感、導かれた感を大切にしています。

 

古来より日本は、神仏習合にて和を築き国を治めてきました
神道のルーツを辿ると古神道、更に琉球神道へと繋がって行きます。
神道では神社にて神様の氣をお祭りしています。神道のルーツである古神道では無形です。自然、さらに自然を生み出す大いなる摂理、大自然、大宇宙そのものを神として祈ってきました。
私達は祖先の時代より、大自然、大宇宙と祈りで氣の波長を合わせ、そこから政(まつりごと)を治めて暮らしてきました。
天と人が和し、それが地に形成されます。天人地の流れが調和している時は、飢饉も病もなく皆が幸せに暮していました。
最近になり古代の調和した暮らしに関心が高まり、その時代の生活法や言語、祈りなどが研究されるようになりました。
大自然、大宇宙の調和から外れ、様々な不和により下克上や対立が起こると、司祭が中断され天人地の調和が崩れます。すると天変地異や災害、不作や疫病、内乱が起こり、地に沢山の血と涙が流れます。
祖先たちは過ちによる痛手から、祠を建て司祭を通じて自然との釣り合いを戻し、国を建てなおしてきました。
歴史をみて行くと、日本が混迷を極めた時には、インドから様々な神様が日本にやってきて、国の建て直しを助けています。
聖徳太子は仏教の力を借りて、国の建て直しを行いました。神道の神と仏教の仏、神仏一体にて、日本の文化の要となる和を奉りました。

 

神事により天に祈り、
氣と繋がり政を行ってきました
神事が崩れるとき、
天災、飢饉、疫病が起こりました

司祭という天、政治という人のバランスが崩れた時、厄災が起こります。
国が崩れる時には、インドより神の助けが起こりました。時に仏教、密教、今はヨガでしょうか?日本の建て直しを助けています。
熊野奥の院である、玉置神社には国之常立神さまという、日本の国土を神格化した神様がお祭りされています。国之常立神さまについては、様々なミステリーロマンが在りますが、その中にインドから来た「シバ神」様が国之常立神さまと名を変えて祭られているという説もあります。かつて日本から司祭が消え、動乱が起こり混迷を極めた時に、役行者が全国から玉置に集まり、シバ神さまを呼び国土に修めたという話があります。民間、地からの祈りにより国を建て直ししました。シバ神様が日本の土壌に重なり国を守っています。玉置神社のご神体の球とシバリンガムという共通が在るのも不思議です。また大国主様もシバ神様と同一する見方もあります。出雲の大国主さまも海より、幸御霊という球を受け継いだ事とシバリンガムとの共通も不思議です。虚空蔵菩薩様、弁財天様もインドから日本に招かれた神様です。

 

天災、飢饉、疫病-天に祈り幸福の道を求め、
その氣の道を祭り護りました。

日本では空海様の事は、知らない人が居ない程有名です。空海様は高知の室戸岬で悟りを開かれ、自分の使命に目覚められました。高知は言霊の力を宿した土地です。
空海様は様々な秘密に気付かれ、日本をより良くするためにインドの密教を日本に導入する事を考えました。しかしながら、インドまで行く事は出来ず中国に渡り、当時の中国にインドより出向していたインドの聖者より、密教の秘伝とパワーを受け継ぎました。日本に帰国後、密教による奇跡と国の建て直しが行われました。インドの聖者より受け継がれたパワーにより、空海様にも聖者としての大きな力が発揮されました。聖者様の御足には大きな霊力が宿ります。地を踏むとそこに天地人で神の光が降ろされ、聖地となります。空海様は御足で踏みしめ、四国の霊場を聖地として開かれました。

 

カルマの堂々巡りからの脱却
あらゆる苦しみ悲しみの涙の終焉を
約束する神聖意識 スリシルディサイババ

2018年インド最高の聖者様であるスリシルディサイババが日本に、接地降臨されます。聖者様は私達に新しい心の次元を開き、時代を示します。
2500年前にお釈迦様により慈悲の心が地球に降ろされました。時代を超え、国を超え広がり今は慈悲の心は世界の常識となって文明を築いています。
2000年前にイエス様より発せられた愛は、人種を超え世界を一つに結ぶ当たり前となっています。現在は、スリシルディサイババです。スリシルディサイババは今から100年前に天に帰られました。インドでは、日本の空海様のように知らない人は居ない、とても偉大な聖者様です。スリシルディサイババはお釈迦様、イエス様に続き、これからの世界の道筋と常識となる存在です。スリシルディサイババの存在は、一人一人全員が神様となり、全てのカルマの終焉、神様への帰化を約束しています。何年かかるかわかりませんが、いずれ一人一人が神様である事が常識になる時がきます。人が宇宙意識に目覚め、誰もが宇宙意識と繋がり幸福が当たり前になります。地上から戦争、病、貧困、餓え、問題は全て無くなります。
今の私達においては「??」ですが、未来には常識になるとインドの人々は信じています。スリシルディサイババの降臨により、負の時代が終わったことは、インドに居るかたにとっては常識です。

日本の真化次元上昇-天地人意識よる和文明の始まり
スリシルディサイババの眠る「聖地シルディ」は、インド最高の聖地です。毎日200万人以上の人が訪れ、全員が奇跡を受けます。聖地シルディでは、スリシルディサイババの足型「パドゥーカ」がご神体として祭られています。聖者様の御足には特別な力があります。奇跡の力です。スリシルディサイババの足型には、とても大きな聖なる力が宿っています。
スリシルディサイババの足型を祭ると、そこは最高の聖地となり、奇跡に満ち溢れます。日本にスリシルディサイババのパドゥーカが来るという事は、大聖者様であるスリシルディサイババが、日本の国土を踏みしめ、日本を奇跡の聖地として蘇らせるという事ではないかと受け取っています。奇跡の聖地となる日本から、どんなミラクルが生まれるか考えると、わくわくします。私達は過去にとらわれ過ぎていて、未来に希望を失っています。スリシルディサイババとの接触は、私達に多くのミラクルを運びます。ミラクルから未来を創造していくと夢は広がります。

祈り 本当の世界一優しい世界が
はじまります。
誰も泣いている人のいない世界

プジャとヤッギャ

 プジャやヤッギャは「べーディック」「タントリック」を言う密教の秘法により、神様と魂を直接触れ合わせます。高次元に存在する神様を現世に召喚し、神の恩恵、真願成就、開運、運命の変更、カルマの浄化、奇跡の力、智慧、霊性昇華・・・を神様より授かる事の出来る、時空を超越した秘法として知られています。
 形式ではなく、本当に本質的な力と効力を発揮するには、代々、力を継承し受け継いだ血脈を持った神官による司祭が大切にされています。
 密教では更に閉ざされ限られた者にしか許されない、秘密の技法が存在しています。こうした秘儀については隠されており、ゆえに秘密の教えとして密教と呼ばれています。こうした真の秘密の秘法では、伝法と呼ばれる直接的な神の力の伝達が行われるものもがあります。密教では人が神へと神格化していく為には、欠かせない秘法と言われています。
 かつて空海様は高知で真言を通じ、悟りを開かれ自分の使命に目覚められました。高知は言霊の地です。高知では発した言霊は、何億倍にも大きくなります。きっと高知の地が空海様を応援したのでしょう。
 空海様は日本では得られない、神仏の力を授かるべく、命がけで中国に上がりました。そこでインドから中国に出向してきていたインドの高僧(聖者)より、伝法を授かり神仏の力を得たと言われています。空海様も色々なプジャやヤッギャを授かり、シッディという、奇跡を起こす力を授かったのだと想像できます。
 プジャ、ヤッギャでは、神仏の想いと受ける人の想いが大切です。空海様のシッディを得る原動力は、人々を助けたい、世を救いたいという想いであり、この想いが器となり、伝法の成功へと繋がり、奇跡の空海様の誕生となりました。空海様の世を善くしたいという想いは本物であった事が、伝法の成功からも感じられます。空海様は日本に帰ってから、全国を巡り沢山の人々を救われました。生き仏となった空海様のシッディ(奇跡の神力)は、空海様を通じて足裏から流れます。空海様の歩み軌道、足跡にはシッディが現れます。空海様の歩まれた地は、神仏が降臨された聖地となりました。聖人聖者様の御足には、とても大きな力と意味があります。
 
 今回は地球上でも最高峰の聖者様である、スリシルディサイババのパドゥカを、はじめて日本にお招きし伝承の秘法を通じて司祭や儀式を行います。厳選されたプジャや特別なヤッギャを行います。日本という国にも魂が存在しています。これを国霊と言います。私達日本人の魂の中には国霊が組み込まれています。今のいい方なら日本規模の集合意識と言うかも知れません。スリシルディサイババがこの世界に放つ宇宙の光は、インドの表現でいうと8段階~9段階と言われています。神は地上で受信されていない、宇宙の高次元の高尚な神の光、神の御心(意識)を、肉体の中に宿して生まれます。神の意識を宿して生まれた人間を聖者様と言います。有名な聖者様としてイエス様やお釈迦様が居ります。イエス様やお釈迦様により、人は自分の中に住んでいた、愛や慈悲に氣がつきました。愛、慈悲を宇宙から受信する事が出来るようになりました。共生、調和、分かち合うという意識に目覚め、競争分離意識から統合調和意識のシステムを構築するまでになりました。イエス様、お釈迦様が地球にもたらした光は、7段階とインドでは言われています。スリシルディサイババは更に高い8段階の意識の周波数を人類意識に降ろされました。7段階と8段階では文明や時代の層が変わります。カリユガ期というカルマにより、地球圏内から魂が縛り付けられ、四苦八苦のループを幾億転生と人は繰り返してきました。8段階ではこれを抜けます。つまり地球と宇宙の狭間が消え、宇宙の素晴らしい恩恵を当たり前に受信できるようになります。もっと簡単に話すと、皆が空海様、皆がお釈迦様、イエス様のようになれるという事です。スリシルディサイババは聖者を生む聖者様として、インドの聖者界の中では中心におかれている大聖者様です。
 スリシルディサイババを人物としてや、宗教的な意味で捉えると少し妙な事になります。スリシルディサイババの人物像ではなく、スリシルディサイババを経て運ばれる宇宙の恩恵、地球ではまだ受信出来ていない、宇宙の素晴らしい光という風に捉えられると、スムーズに受け取って頂けるかと思います。
 
 今回のスリシルディサイババのパドゥカを日本の国体、国霊にお迎えする事で、日本に大きな光が灯されます。私達は日本、さらには地球、宇宙意識と、意識を開港しパドゥカを日本にお迎えする心です。日本の国魂に新しい宇宙の受信アンテナを建てると、全ての日本人の魂の中に、素晴らしい宇宙の受信、ネットワークがはじまります。
 問題の中から解決を探す事は出来ません。問題の枠を超えた所に解決はあります。未来への希望はいつの世も大切です。宇宙には私達の文明を超えた、素晴らしいテクノロジー、システムが存在しています。宇宙の医療、宇宙の貨幣システム・・・私達の魂に宇宙の光の受信が起こると、私達の内側から素晴らしい閃きが溢れてきます。世界は私達の想像力で形成されています。私達がもっともっと優しくなり、もっともっと優しい宇宙の根本の愛にリンクするほどに、閃きと創造性が溢れ世界は幸福に塗り替えられていきます。かつて龍馬さんが、日本を国外から見て、日本の洗濯と国の建て直しを行いました。私達は、スリシルディサイババのパドゥカを通じて、宇宙からみて日本、地球の将来を希望の光で受信します。2018年大浄化の日本において、日本の高知に宇宙向けて開国、開星します。

特別プログラム
(各日70名限定 参加費:5万円 写真代行参加可能)
5日 開場AM8:30 開始9:30 終了17:30
午前の部/マンダラプジャ・アビシェイク
 ガネーシャ.家系のご先祖様ご供養、土地風水ご供養、惑星カルマのお浄め、国開き、その他多数
 アビシェイクは強力な魂の禊ぎです。魂をディープに浄化します。

午後の部/スペシャルホーマム ナヴァグラハ(九つ惑星)、カルマ浄化、ご先祖様供養、風水家相、サイシッディプルシャ ホーマム (世界聖和・神の力を得る)
 日本の国土、国霊に宇宙創造神であるスリシルディサイババの御霊をパドゥカを通じて鎮座します。これにより日本の国体に対して大いなる祝福を灯し、聖地化を行います。次に浄められて聖地化された日本の国体に、いまだ地上に降臨された事のない、宇宙の神様を降臨鎮座します。神様の計画が降ろされ、日本は新しく生まれ変わります。今後日本は世界へ重要なお役を果たしていきます。この後に行われる、とても重要大切な司祭へと受け継がれます。
 ペリー来航により日本は転換しました。ペリー来航から165年目のこの日は、再びペリー来航と同じ星の巡りになっています。
今回は海王星と冥王星のラインを通じ、宇宙の大海原から日本に宇宙の神様をお迎えします。これにより日本の運命、日本の流れが転換すると星は語っています。
 惑星カルマ浄化、ご先祖様供養、土地風水供養をホーマムします。

6日 開場AM8:30 開始9:30 終了17:30
午前の部/マンダラプジャ・アビシェイク
 ガネーシャ.家系のご先祖様ご供養、土地風水ご供養、惑星カルマのお浄め、国開き、その他多数
 アビシェイクは強力な魂の禊ぎです。魂をディープに浄化します。
午後の部/スペシャルホーマム サイシッディプルシャ ホーマム(世界聖和・神の力を得る)ナヴァグラハ(九つ惑星)、カルマ浄化、ご先祖様供養、風水家相
 この日は、特にスリシルディサイババの力が高まる日だと言われています。スリシルディサイババに対するホーマムを深く集中して行います。
 スリシルディサイババの魂により、地上へ運ばれた創造主の大いなる創造具現化の力、シッディ(奇跡の力)を得られます。インドには沢山の聖者様が居られます。聖者様は神様の御手として、人々を導き助けられます。神の祝福や癒し奇跡を人々に届けます。
 インドの聖者様は皆、スリシルディサイババの恩恵により、神様の力を顕現していると言われています。サイシッディプルシャヤッギャでは、恩恵を受けるだけでなく、希望すれば神の奇跡の力であるシッディを受け取る事が出来ます。魂に創造神の光が流れ込むと、超常的な力に目覚める事がよくあります。スリシルディサイババにより授かる力は、最高の力だと信じられています。この力の伝達は、今回のような特別なタントリックにより発動します。あらゆる神とコネクトし、あらゆる神、天使の力を受けて、奇跡を行えるシッディが発動するかもしれません。シッディは顕現化、物質化、具現化の力です。言った事が現実になる力です。
 スリシルディサイババのシッディを受けるシッディプルシャホーマムを行います。

7日 開場AM8:30 開始9:30 終了17:30
スリスクタム タナデーシュワリーのプジャ、ホーマム
 スリスクタムについては、スティーブジョブスさんの著書やビルゲイツさんの話にも出てきます。二人の偉大な成功者が、スリスクタムのおかげで成功をしたと語っています。二人はかつて無職で落ちこぼれだった事がありました。縁がありスリスクタムのプジャを受ける事が出来ました。以降、その活躍は誰もが知る事です。インドには世界的な富豪が沢山います。
 富豪たちはスリスクタムを熱心に行い、繁栄させ財を増やし、困っている人々、ボランティア、自然保全などに使っています。スリスクタムでは、お金=愛です。お金を使って、優しい愛を具現化させていくと、使っても使っても減らないどころか、かえって増えて行く天国のお金のシステムに繋がります。儀式を通じてスリスクタムの恩恵を受け取ります。
 地球にも魂があります。地球の魂は、お地蔵様、地母神様と呼ばれる女神様です。地球の魂(意識の核・使命)は長い間眠りについていました。今、地母神様が目覚められました。火山にその動きが現れています。地球は地球本来の姿に戻るべく、宇宙の応援を受けて波動を日に日に高めています。地球上に天国を具現化させる為、地球は動きを活発化させています。地球の本来の姿、やがて到達する未来の地球では、不幸はありません。戦争も、病も貧困もありません。全ての生命が豊かで幸福である事、喜びに満ち溢れているが、当たり前の星です。そこに向って地球は日々、波動(次元)をあげています。不幸や不和をもたらすシステムが洗われ、愛がもっと当たり前に広がって行けるように、お祓いお浄め、波動による浄化を起こしています。

カテゴリー

カレンダー

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

カレンダー

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031